日焼けを防ぐ方法〜

  

■日焼け止めについて〜


乾燥肌にならないためにも紫外線の影響は避けたいものですよね。 ところが困ったことに、日焼け止めの紫外線吸収剤も肌によくないらしい。

使用感をよくするためなどに日焼け止めにはいろいろな成分が入っていますし、私も迷います………  でも日焼けを防止する方法として乾燥肌の人には欠かせないことなので情報をまとめてみました!


日焼け止めの成分としては「紫外線の散乱剤」と「紫外線の吸収剤」があり、どちらかが入っている商品と両方入っているものがあります。
------------------------------------------------------------------------

‘散乱剤’は言葉のとおり、日焼け止めの成分によって紫外線を散乱、反射させると言われています。肌の表面で紫外線のダメージを食い止めるわけですね。

‘吸収剤’のほうは、化学的な仕組みでエネルギーを吸収し、熱などに変換して、紫外線よる肌の中へのダメージを食い止めるようです。
------------------------------------------------------------------------

どちらがいいのか?

近年は「紫外線の散乱剤」で日焼けを防止する方法が主流です。(日焼け止めに紫外線吸収剤不使用とか書いてあるはず)
その理由は比較的肌にやさしいと言われているからです。
でも、伸びが悪くて塗りにくいとか、白っぽくなるとか…欠点もあるようです。

逆に、「紫外線の吸収剤」のほうは塗りやすく、白っぽくもなりにくいようですが、化学的な仕組みでエネルギーを吸収し、熱などに変換する〜ということによる肌へのダメージが出る場合もあると言われています。
(特にSPF値が高い日焼け止め)

ということもあり、紫外線吸収剤不使用という「紫外線の散乱剤」のほうで日焼けを防止する方法が主流になっている、というか流行っているわけです。


「紫外線の散乱剤」は近年流行っているミネラルファンデーションなどにも入っていることが多く、これは酸化チタンか酸化亜鉛だと思います。でも、これらの成分も肌に悪い場合があると言われていて…私も困ってしまいます。。

これは乾燥肌の化粧水などの成分でもよくあるお話ですよね!「腐った化粧水を使用するか、肌に悪い成分と言われているパラベンなどの防腐剤を入れる…」

これはどちらがいいのでしょうか?

「日焼け止めを使用しない方法か、紫外線吸収剤などの悪い成分などで肌にダメージを与えるか…」

乾燥肌の私としてもこれは迷います。
そもそも化粧水などより使用感が重いですし・・・・・

■日焼け止めのSPF値やPA値について〜


日焼け止めにはSPF値とPA値があるのは見たことがあると思います。
------------------------------------------------------------------------

SPF値は”UV-B”という紫外線を防止する効果の目安です。

15分から20分程で日焼けをするということがまず基準になっていて・・・
[SPF20なら 15分×20=300分くらいの間、紫外線を防止する!] 
というようなイメージでしょう。
でもこの値は目安であり、どの日焼け止めも何かをしっかりと保障するようなことではないようですね。

PA値は”UV-A”という紫外線が肌の中のほうまで届くのを防ぐ効果の値です。 [PA+、PA++、PA+++]  これは+が多いほど防ぐ効果が高いです。
------------------------------------------------------------------------

日焼け止めは汗をかいたり手で触ったりすることで落ちますから、随時塗りなおすことも必要でしょう。 たとえばですが… 平均的な人より、ものすごい汗をかいたりする人などは、上記で説明したSPF値やPA値があまり当てにならないかもしれませんから注意してください。過信は禁物です。

※UV-AやUV-Bの肌へのダメージは想像以上に強烈で、場合によっては肌の中を破壊するほどです。
特に乾燥肌の人は『紫外線(UV)について』のページもご覧ください♪


やはり、日傘をさすとか大きい帽子をかぶるなど…日焼けをしない(紫外線をあびない)のが一番です。(私は面倒なので嫌ですけど。。。)

とにかく紫外線のダメージというのはかなり後になってから乾燥肌などとして出てきます。私もそうでした。
若い頃に日焼け止めを使用しないと本当に後悔しますよ!


『乾燥肌の原因は紫外線』
紫外線(UV)について
肌の表皮と真皮について
日焼けを防ぐ方法〜
乾燥肌になったら化粧水で水分を与える?
オイルについて〜

[ COPYRIGHT ALL RIGHTS RESERVED. - kansouhada.jp.net ]